サッシと断熱性能の関係

今日は先日完了したリフォームについてお話させていただこうかと思います。

 

これからの時期、ヒートショック現象が心配になるかと思います。

 

ヒートショック現象とは

気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをヒートショックといいます。この血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞脳梗塞などの病気が起こります。2006年のデータですが、交通事故による死亡者が約7,000人であったのに対し、ヒートショックでは倍の14,000人が亡くなっています。

ヒートショックは冬場に暖房の効いたリビングから脱衣所に移動し、浴槽に入る時などに起こります。リビングから脱衣所に移動した際には、寒さに対応するために血圧が上昇します。そこで衣服を脱ぎ、浴室へ入るとさらに血圧は上昇します。その後、浴槽に入ると、急に体が温まるため、血圧が下降します。特に10℃以上の温度差がある場所は危険とされており、注意が必要です。

11月~2月までの時期がヒートショックの好発時期です。浴室や脱衣所などの気温が下がり、長風呂になりやすいため、危険が高まります。昔ながらの日本家屋や温泉施設などでは床がタイルだったり、暖房設備がない場所も多いので温度差が生じやすくなります。また、トイレでヒートショックを起こす人もいるので、お風呂以外でも温度変化のある場所には要注意です。

 

このように、とても身近に発生してしまう怖い存在なのですがこれにうってつけの対策がサッシの入れ替えです!

窓は、建物を覆う建材の中でも、一番薄い部分です。
なので屋根や壁などに比べて、熱が出入りしやすいのです。

実際、建物の中で熱気や冷気が出入りするのは、屋根からは5%、換気扇や外壁からは15%、床からは7%程度なのですが、窓からはなんと、夏は70%、冬は50~60%近くもの空気が出入りしています。
外気の出入りのほとんどが窓からということがわかります。

また、室内に温度の高い部分と低い部分があると、高い温度は低い温度のほうへ移動して、同じ温度になろうとする性質を持っています。
つまり、室内の暖かい空気は、冷たい窓のほうへどんどん流れていってしまうわけです。
このようなことが、窓から暖気が逃げていく大きな原因になっています。

f:id:moritakenchiku:20201210173852j:plain

f:id:moritakenchiku:20201210181325j:plain

 

最近のサッシは非常に断熱性能の高いものになっています。

これにより、建物内の温度が一定に保たれるため冬でも暖かく夏でも涼しい快適な空間を提供することが出来るのです。

皆さんも是非窓のリフォームをご検討してみてはいかがでしょうか('-')